0099-0033

はっとりみどり

立体を中心とした造形作家
有限会社ポッシュベール代表

武蔵野美術大学 造形学部 彫刻科卒
株式会社サンリオでテーマパーク開発、商品企画に配属され
立体イメージの開発に従事し、ハリウッドでマケットの基礎を学ぶ
独立後、造形作家として活動を開始、ポッシュベールを設立

児童書、教育書向けの立体イラストレーションや立体アニメーション等
子供達にも分かり易い作品の制作を続け、障害児造形教育にも携わって
います。

作品は初期の粘土を中心とした作品から、素材を活かした暖かい立体へ
表現の幅を広げ、ライブギャラリーbe Oneでは、こどもから母親層への
支持を集めています。

フェルト羊毛を使った「うさたま」では、今までになかった優しく暖かい
イメージが、多くの方たちの支持をいただき、2009年9月に主婦の友社
から「はじめての羊毛フェルト うさたまを作ろう!」が出版されました。

これからも。キャリアを活かし、さまざまな素材やアニメなどの動きにも
対応した立体作品を、だれにでも分かり易い形で制作してゆきます。
撮影/鈴木江実子(主婦の友社写真室)